FC2ブログ
スポンサーサイト --年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


STUDY ROOMのお知らせ! 2013年04月27日
お待たせいたしました!
STUDY ROOMのお知らせです!
今回は13名のアニメーション作家による作品上映と展示、さらに雑貨の販売も行います。
今までにない大所帯での展示になりますので、見応えたっぷりです。
ゴールデンウィーク真っ盛りの会期ですので、ぜひお越し下さい!

STUDY ROOM♯7「ANIME SAKKA ZAKKA」

青木友香、小野ハナ、川口恵里、キムハケン、北村みなみ、小谷野萌、
ししやまざき、中内友紀恵、ぬQ、姫田真武、村本咲、山田遼志、若井麻奈美

会期:2013年5月3日(祝金)〜5月12日(日)
時間:12:00〜19:00(最終日は17:00まで)
会場:日々の明々後日
   〒101-0021
   東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 308号室

入場無料

お問い合わせ:hibino.siasatte@gmail.com

展覧会HP:http://animesakkazakka.web.fc2.com/
展覧会Twitter:https://twitter.com/AnimeSakkaZakka

7回目のSTUDY ROOMは、13名のアニメーション作家によるアニメーションの上映と展示、また雑貨の販売を行います。
「あにめ さっかも ざっかを つくりたい!」ということから、今回はアニメーションだけにとどまらず、雑貨までつくってしまいました。
と言っても、普段アニメーション以外の表現の方法を持っている作家が集まっています。
共通のアニメーションという表現から飛び出してくるそれぞれの世界と、そこからそれぞれが選び取った他の表現方法の雑貨たちが学校の教室を改装した空間に展開されます。

1週間だけの小さなアニメ専門映画館と雑貨店がオープンです。



青木友香
animesakka_aoki_650.jpg


小野ハナ
animesakka_ono_650.jpg


川口恵里
animesakka_kawaguchi2_650.jpg


キムハケン
animesakka_kim2_650.jpg


北村みなみ
animesakka_kitamura1_650.jpg


小谷野萌
animesakka_koyano_650.jpg


ししやまざき
animesakka_shishi1_650.jpg


中内友紀恵
animesakka_nakauchi_650.jpg


ぬQ
animesakka_nuq1_650.jpg


姫田真武
animesakka_himeda_650.jpg


村本咲
animesakka_muramoto2_650.jpg


山田遼志
animesakka_yamada1_650.jpg


若井麻奈美
animesakka_wakai1_650.jpg




監修:日比野克彦
企画:『日々の明々後日』企画運営室(担当:石丸)
協力:株式会社ムラヤマ



スポンサーサイト
STUDY ROOM ♯6 のお知らせ 2013年02月08日
2013年もあっという間に1ヶ月が過ぎてしまいました。
暦では春になりましたが、まだまだ寒いですね。

さて、日々の明々後日のSTUDY ROOM、2013年最初の展示が明日から始まります!


-----------------------------------

STUDY ROOM♯6「fifi antenna project or fifi fashion studio」

fifi_650.jpg


会期:2013年2月9日(土)〜2月28日(木)
(火曜休)
時間:12:00〜17:00(土日は19:00まで)

入場無料

お問い合わせ:hibino.siasatte@gmail.com

監修:日比野克彦
企画:『日々の明々後日』企画運営室
協力:株式会社ムラヤマ



今回で6回目を迎えるSTUDY ROOMでは、ファッションブランド「fifi」がこれまで行ってきたプロジェクト展示と制作現場を公開します。
fifiが2012年から新たなファッションショーの提案として始めた「fifi antenna project」は、これまで新潟の莇平、愛知の長久手、そして横浜で展開してきました。
各地で、ワークショプを開催し、その土地の人と交流をしながら生まれた服は、その土地の日常の空気を吸い込み、ファッションショーへと変身します。
服を作る、着るという関係性に留まらず、ファッションとアートとの関係性を模索していくfifiが、STUDY ROOMという場所でどんな作品を生みだしていくのでしょうか。
今回の展示では、fifiのアトリエも公開し、fifiの服やアイディアがどのように生みだされているのかをお見せいたします。


【出品作家】
fifi

fifi_logo_240.jpg

「fifi collection by violet vol.1」を2011.6.24.25に発表。
以降、「服に着られる」を基本理念として、素材を布にとらわれず様々な物をモデルに着用させ衣服をキャンパスとした着るアート作品を展開中。過去5コレクションを発表。
また、2012 年10月よりfifi antenna project発足させ、fifi ブランドによる新たなファッションショーの提案を始める。ある場所のある人々のある一部をファッション化し、
ある日の日常をウォーキングするモデルたちのアンテナファッショショー。各地で開催中!


【イベント】
◯オープニングパーティー
2月9日(土)18:00〜
参加費:500円

◯1cloth1fashion(ワンクラフ ワンファッション)
2月10日(日)15:00〜
今回はfifiのアトリエ全公開ということもあり、作っているプロセスをファッションショーにしようという試みから即興のファッションショーをお送りします!
※そして、おまけにこの日は莇平、長久手ファッションのモデルさんも登場するかも?

--------------------------------------------------

明日は、18時からオープニングパーティーを行います!
お時間のある方は、ぜひご参加ください!


みなさまのご来場お待ちしています!!





(「日々の明々後日」企画運営室:石丸)





『ポントゥン村美術部プロジェクト展』 photo by NAOTO DATE (2012.12/27-2013.1/31) 2012年12月25日
【展覧会のお知らせ】

一般財団法人民際センター主催

『ポントゥン村美術部プロジェクト展』

photo by NAOTO DATE

ポントゥン村写真2


日程 2012年12月27日(木)〜2013年1月31日(木)
休廊 火曜日/冬期休館 12月28日〜1月4日まで休み
時間 12:00〜19:00
料金 なし
開催場所  3331ArtsChiyoda 3F 308「日々の明々後日」
(詳細はhttp://hst308.blog.fc2.comをご覧下さい/)

2012年11月、アーティスト日比野克彦がラオスのカムワン県にあるポントゥン村を訪問し、
美術の授業がないラオスの子どもたちに絵を教えるというプロジェクトを行いました。
本展では、プロジェクトに同行したフォトグラファー伊達直人氏による67点の写真と、
現地の子供たちが実際に描いた絵を展示しています。
楽しそうに絵を描いている子どもたちの様子やポントゥン村の美しい自然、
村人の暮らしの風景を、是非ご覧ください。

主催:一般財団法人民際センター
協賛:株式会社 アートヴィレッジ出版
株式会社 木楽舎 READYFOR?
株式会社 ロフト ぺんてる 株式会社


伊達直人|カメラマン
1988年、東京都出身。高校生の頃、両親からカメラを譲り受けたことをきっかけに、
生まれ育った多摩川周辺の風景を撮り始める大学卒業後、
東京を中心に近所の商店街から海外までフィールドワークを行い、
偶発的に出会ったものを写真に納める。
最近のテーマはserendipity(偶然の発見) http://weaseltokyo.blogspot.jp/


一般財団法人民際センター
EDF-Japan 教育支援、地域開発及び緊急支援等を行い、世界の貧困削減、
平和構築に寄与することを活動目的とす 主な活動内容として、
ダルニー奨学金、ラオス学校建設、図書事業、OSOP(1校1事業)等がある。
http://www.minsai.org/

沿革
1987年 日本民際交流センター設立
1995年 ラオス事務所開設
2009年 一般財団法人民際センターとして法人化
2010年 『ポントゥン村美術部プロジェクト』第1回目
2012年 『ポントゥン村美術部プロジェクト』第2回目


仮フライヤー


お待ちしております◎

【メディア】
各WEBサイトで本展をご紹介いただいております。

■ WEB「3331ArtsChiyoda」TOPページ
http://www.3331.jp/schedule/001785.html

■ WEB「IMA ONLINE」
ラオスポントゥン村美術部プロジェクト展示会紹介
http://imaonline.jp/ud/exhibition/50fce35a6a8d1e42c5000001

■ WEB「おとな芸術村」
ラオスポントゥン村美術部プロジェクト報告会レポート
http://www.geijutsumura.net/laos_report.html



明日から!STUDY ROOM#5、スタートです。 2012年11月19日
こんばんは、「日々の明々後日」企画運営室です。

今夜は続けて、記事を更新!
いよいよ明日から始まる、STUDY ROOM#5 林由宇子展のお知らせです。

STUDY ROOM#5 林由宇子「やわらかな境界」展

hayashi 650 のコピー

会期:2012年11月20日(火)〜2012年11月25日(日) 全6日間 会期中休みなし
時間:12時〜19時
会場:「日々の明々後日」Arts Chiyoda 3331 3F 308
   〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14-308
   ※会場までのアクセス方法はこちらをご覧ください。

入場無料

お問い合わせ先:hibino.siasatte@gmail.com

展覧会の詳細は、こちらから。
TOKYO ART BEATさんにも展覧会情報が掲載されています。
あわせてご覧ください。

さて、本日は明日のオープンに向けて、搬入作業を行いました。
その様子を少しだけ、ご紹介します。

P1020487.jpg

作品の配置を決めています。
後ろで見守っているのは、前回展示の森下麻由良さん!
お手伝いにきてくれましたー、ありがとうございます!

P1020492.jpg

実は、平面作品の展示は今回が初めて!
しあさってのスペースは、壁面が少ないので、何度も配置を変えて試行錯誤を重ねながら。。。

P1020490.jpg

そして、照明の位置を確認。

P1020493.jpg

最後に、廊下に面したウィンドーに、展覧会タイトルを貼付けて。
準備万端です!

STUDY ROOM#5 林由宇子「やわからな境界」展は、いよいよ明日から!
会期中はお休みなしで、毎日オープン致します。

ぜひ、多くの皆さまにご高覧いただければ幸いです。
皆さまのご来場、お待ちしております!

(「日々の明々後日」企画運営室:上村)

STUDY ROOM#4 森下麻由良展を終えて 2012年11月19日
こんばんは、「日々の明々後日」企画運営室です。

ご報告が遅くなってしまいましたが、STUDY ROOM#4 森下麻由良展は今月11日(日)に、無事終了致しました。
ご来場くださった皆さま、ありがとうございました。

DSC_1172.jpg

5月にこのスペースがオープンして以来、不定期ながら開催してきたSTUDY ROOMの展示。
1回目から3回目までは、主に日比野研究室の学生が展示を行ってきましたが、4回目の本展示では、武蔵野美術大学の学生をゲストに向かえ、展覧会を開催しました。

P1020466.jpg

樹脂粘土を素材に、生活の中に溢れるさまざまなものの模造品を作る森下さん。
そのキャッチーでおもしろい作品を、もし目で確認することができなかったら、私たちはどのようにそのおかしさを発見できるのか。

P1020462.jpg

本展では、それらの作品を3つの机に異なる方法で展示し、視覚や触覚、聴覚などを段階的に制限しながら、来場者の皆さんに体験してもらうことにしました。

P1020473.jpg

とても実験的な展示方法であり、不安もありましたが、無事に1週間の展示を終えることができました。
ご来場くださった皆さんから様々なご意見を伺うことができ、とても良い経験となりました。

本当にありがとうございました。
次回の展示、STUDY ROOM#5 林由宇子展は、いよいよ明日から!

ぜひ、ご期待ください。

(「日々の明々後日」企画運営室:上村)


次▶

日々の明々後日
『日々の明々後日』は、アーティスト日比野克彦が行っているアートプロジェクトを編集し、発信していく時間を意味しています。3331ArtsChiyoda 3F 308にその拠点となる空間をもうけました。

日々の明々後日

Author:日々の明々後日
日々の明々後日企画運営室スタッフが
スペースオープン情報、展覧会・イベント
についての詳細を随時お知らせして参ります。

〒101-0021東京都千代田区外神田6丁目11-14-308
『日々の明々後日』E-mail:hibino.siasatte@gmail.com

この人とブロともになる

QR

FC2Ad


Designed by Mitsubamushi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。