FC2ブログ
スポンサーサイト --年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いよいよ明日、「種が船になって帰ってくる!」 2012年08月05日
こんにちは、「日々の明々後日」企画運営室です。

いよいよ明日6日!TANeFUNeが新潟港に入港!
関連イベントのお知らせです。

先月「日々の明々後日」で開催した「種は船・横断幕」ワークショップで皆さんにお描きいただいた「明後日朝顔」も他の地域から集まったたくさんの朝顔とつながり、横断幕になって登場!?
お楽しみに!
「日々の明々後日」で行われたワークショップの様子は、こちらから。

以下、明日から水と土の芸術祭で開催されるイベント詳細です。

**************************

【告知】種が船になって帰ってくる!

0806種は船入港式@新潟



2003年新潟を起源とする「明後日朝顔プロジェクト」から変貌した「種は船」は2012年自走式の種の形をした船・TANeFUNeとなり、5月19日に舞鶴港を出港しました。
日本海沿岸の32の港に寄港し、土地の人と出会い記憶を積み込みながら8月6日・新潟港に入港します。
__________

<8月6日タイムスケジュール>

10:00〜
● 「 入港式 」
水と土の芸術祭 メイン会場旧水揚場に入港。
TANeFUNeが海の向こうからやってくる!

<入港式プログラム>
① 開式挨拶 
② 種は船の概要説明
③ 種の根横断幕披露 
④TANeFUNe着岸 
⑤ 船員に花束贈呈
⑥ 船員挨拶 
⑦ 新潟代表挨拶 
⑧宝箱荷下ろし 
⑨ 閉式挨拶

場所:芸術祭メイン会場 万代島旧水揚場 かもめシアター

=====

10:30〜
種は船〜航海プロジェクトfrom舞鶴
● 「 0806報告会 」ウミカラの観点からワタシタチへ
航海航路や寄港地、航海中のエピソード満載!

<報告会プログラム>
① 開会挨拶 
② 「種は船」関係者紹介 
③ 航海航路と寄港地の概要報告
④ 各地域での活動報告と宝物紹介
⑤ 「船は種」の舞鶴での活動報告 
⑥ まとめ 
⑦ 今後のスケジュール 
⑧ 閉会あいさつ 

場所:芸術祭メイン会場 万代島旧水揚場 かもめシアター

=====

17:00〜
● 交流パーティ
TANeFUNe入港式に駆けつけてくださった皆さん、新潟の来場者の皆さんとの交流会。
映像などを見ながら、みんなでわいわい楽しく盛り上がりましょう!

会費1000円 (アルコール代別)
場所:芸術祭メイン会場 万代島旧水揚場 旧水産会館 シェアキッチン

__________

<8月7日タイムスケジュール>
9:00 頃〜 出発(予定)
● TANeFUNe信濃川遡上
酒屋町まで航海します。

14:00〜17:00
● 信濃川の風景を描くワークショップ(進行:日比野克彦)

場所 酒屋町(信濃川と小阿賀野川の接続地点近く)

風景を見つめることで、新潟の川湊や水辺にまつわる漁業や農作業、暮らしの文化を探ります。

__________

<お問い合わせはこちらまで>

水と土の芸術祭2012 http://www.mizu-tsuchi.jp/
種は船〜航海プロジェクト http://tanefune.com/

______

<概略>

●「種は船」
「収穫した種にはその年の土地と人の思い出が記憶されている。種が移動した時、それは時を運ぶ乗り物になる。種の形が船のように見えてきた」
2007年金沢21世紀美術館で種の形をしたダンボール製の船を3隻造船する。
その後2008年横浜、2009年鹿児島・北本・大阪、2010年舞鶴、2011年台北にて造船されてきた。

●「種は船in舞鶴」
2010年~12年にかけて舞鶴で展開された「種は船」を題材とする市民参加型の地域文化コミュニティー形成プログラム。
1年目はダンボールで「種は船」を造船、2年目は漁網を編み、3年目はTANeFUNeを造船する。

●「種は船~航海プロジェクトfrom舞鶴」
TANeFUNeが港町を寄港しながら、土地の人と交流し、その記憶を船に積み込み出港・航海・入港を繰り返す。
陸の観点によってカタチ作られがちな日常生活の常識・価値観を海からの視点により客観視し、現在の社会状況が進化するに対して、有効な手段を見つけるがための「水域で繫ぐ文化」を新たに構築するプロジェクト。

THE SEED IS A SHIP.
種は「時間・場所」を記憶して運んでくれる。
種は人々をまだ見ぬ土地へ誘ってくれる。
それは乗りもののようである。
種は「人々の想い」を繋げてくれる。
種は海の向こうの知らないところへ向かう船のようである。
種の船に乗ってみたい。
種の中での時間を過ごしてみたい。
そこには今の時間にはないものがあるはずだ。

****************************

「日々の明々後日」は明日6日(月)〜17日(金)まで、次回展搬入作業と3331施設自体の夏休みのため、しばらくお休みをいただきます。
ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願い致します。

お休み明け、18日(土)から開催のSTUDY ROOM#3 望月ゆうさく展を、どうぞお楽しみに!

(「日々の明々後日」企画運営室:上村)
スポンサーサイト


日々の明々後日
『日々の明々後日』は、アーティスト日比野克彦が行っているアートプロジェクトを編集し、発信していく時間を意味しています。3331ArtsChiyoda 3F 308にその拠点となる空間をもうけました。

日々の明々後日

Author:日々の明々後日
日々の明々後日企画運営室スタッフが
スペースオープン情報、展覧会・イベント
についての詳細を随時お知らせして参ります。

〒101-0021東京都千代田区外神田6丁目11-14-308
『日々の明々後日』E-mail:hibino.siasatte@gmail.com

この人とブロともになる

QR

FC2Ad


Designed by Mitsubamushi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。